様々な慰謝料

付添看護費というものもあります。例えば、交通事故で重症を負った場合には、医師の指示による付添看護が必要になるケースがあるのです。こうしたときに、介護士のような人に付き添いを頼んだ場合には、その分かかった費用の請求が可能となります。もしも被害者の近親者が付き添ったという場合でも、1日あたり定額計算による金額を請求できるのです。近親者の付き添いの場合には、任意保険の基準になると1日あたり4100円、民事裁判の基準の場合は1日あたり6500円となっています。

慰謝料請求休業損害というものもあります。例えば、交通事故が理由で仕事を休むことになってしまった場合、その分を休業損害として請求可能です。給与所得者の基準については、事故から3ヶ月間の平均給与から1日どのくらいの収入になるのかを計算します。それに対して休んだ日数を休業損害とします。個人事業主であれば、事故前年の確定申告の金額からの計算になります。主婦の方でも休業損害は認められているのです。計算ができないという場合には、1日あたりの収入を一律で5700円と計算して休業損害の計算を行っています。

傷害慰謝料というものもあって、交通事故が原因で治療を受けるという場合に、その怪我の程度に対しての慰謝料請求ができるというものです。任意保険の基準よりも、民事裁判の方が基準の高い請求が認められるという特徴があります。

つづいて慰謝料について更に詳しく説明していきます。

Pocket