治療費について知ろう

治療費まず治療費というものがあります。これは、治療の終了時点までの治療費の請求が可能です。症状固定後の治療費というのは、後遺障害でも重度のものに限定して請求ができるものとなっています。治療費については、保険会社が直接病院にとっての支払いになるケースが多いため、ほとんどが相手の保険会社に任せるものとなります。ですが、過失相殺が問題になる場合には、健康保険や労災保険を使ったほうが良いとされています。

通院交通費というものもあります。これは治療終了時点までの交通費を請求することができます。具体的には、交通機関や自家用車を使って通院したときの実費相当額を請求できますから、タクシーを使うことによってその分が請求できるものではないことは理解しておきましょう。要するに、使った分をそのまま請求できるというものではないというわけです。大事なポイントですから覚えておきましょう。

入院雑費というものもあります。これは、治療のために入院したときには雑費がかかるものですが、実際にかかった費用を計算するというわけではなくて、1日に対して定額計算を行います。任意保険の場合は1日1100円というケースが多く、民事裁判では1日1500円での計算されることになります。

つづいて様々な慰謝料について説明していきます。

Pocket